わたしのフランス生活


カテゴリ:食事( 17 )



思い出・すずめさんとお食事

c0101934_23452225.jpg

フランスでご近所だったすずめさんもミラノに引っ越して少し落ち着いたみたいです。
上の写真はすずめさんのうちでごちそうになった最後のお食事。美亜とふたりでおじゃましました。すずめさんのおじょうさんたち、MちゃんYちゃんもいっしょの楽しいディナーでした。

最初に出てきたのはすずめさんのお料理教室でもやった焼きリゾットのスープがけ。これがメインでもいいくらいおいしい。
c0101934_23454497.jpg

メインはすずめさんが16年住んでいたイギリスの有名料理、コーニッシュパイ。まずいといわれるイギリス料理にもこんなおいしいものがあるのねと思わせる料理です。
c0101934_2346072.jpg

デザートはすずめさんの作ったパイナップル・チーズ・ムース・ケーキとわたしの作ったソレイユさんの抹茶パウンドケーキ。エシレバターで作ってみました。日本ではほんのちょびっとで500円くらいする有名なバターです。心なしかいつもより上手にできたような気が。すずめさんのチーズムースは軽くていくらでも食べられます。

すずめさんも美亜もてんびん座。てんびん座の人とは絶対気が合うと信じている美亜は彼女にとても親しみを持っています。わたしのファッションセンスにいつも嫌味と厳しい批判をする美亜と、いつもはっきり意見を言ってくれるすずめさんにたまたま同時期「髪形変えたほうがいい」と同じことをいわれてしまったので今少し伸ばしています。この暑い夏に面倒な、とも思ったのですが二人に言われてしまうとねえ。

そういえば東京のマンションの洗面所の鏡で見るわたしはフランスの鏡で見るときよりも若く元気に見えるのです。どちらの鏡が正直なのか。。  日本のよね。そう信じたい・・ 
アメリカのデパートにあった25倍にうつる鏡で自分の顔を見た時は思わずのけぞってしまいました。あんな恐ろしいもの見たことなかったわ。大きな毛穴と思いっきりくたびれた肌。でも恐いもの見たさで戻ってもう1回見てしまったのでした。(^^;)
c0101934_23441698.jpg

この立派な家具は日本にあるのではありません。パリの「源吉兆庵」という和菓子屋さんのティールームにあります。ここはパリにいて和が恋しくなったときにほっとできるところです。
c0101934_23443065.jpg

日本に来る前すずめさんといっしょにランチしに来ました。
c0101934_2344427.jpg

とても落ち着いたのんびりできるところです。旅行でパリに来てもフランス料理に疲れたらちょっと寄ってみるのもいいかもです。
c0101934_23445995.jpg

食べたのはサラダうどん。野菜たっぷりで胡麻だれがかかっています。かなり食べごたえありました。

すずめさん、ミラノの次はまたパリ転勤だといいわね。あっ、日本に戻りたいかな。もう21年もヨーロッパにいるんだものね。
[PR]
by kish-paris | 2007-08-02 01:17 | 食事


ソレイユ宅での豪食

c0101934_13123029.jpg

相変わらず右腕の痛みは取れず、検査をしても何も見つからないので痛み止めでしのぎながら不自由な生活をしているわたしです。おまけにぎっくり腰にもなってしまい一挙に30歳くらい年取った気分。(-_-;)

でもきのうのソレイユさん宅へのご招待は這ってでも行ってきました。いつものことながらただただ感激のお料理とおもてなし。
c0101934_13124932.jpg

ソレイユさんのご子息(こんな言い方するとみんな笑ってしまうでしょうね)Sくんは美亜の幼友達。あの小さくてかわいかった子たちがこんなに生意気になってしまい親はその成長についていけない状態です。
c0101934_13132051.jpg

ふつう異性を意識してしまう年齢のふたりですが、言いたい放題でまるで兄弟みたいです。こんな関係の男友達がいる美亜がうらやましく思えました。
c0101934_13133461.jpg

おやつの時間にソレイユさんが冷凍してあった生地で6種類のクッキーを焼いてくれました。彼女のこのクッキーを食べてしまうと市販のものを買う気になりません。学校から帰ってくるとお母さん手作りのおやつが待っているのが当たり前という環境で育ったソレイユ家の子供たち。
「このうちのお母さんは例外的にお料理が上手であなたたちはすご~く恵まれているのよ」と特に男の子であるSくんには会うたびに話しています。ガールフレンドや妻に間違っても「うちのお母さんはもっとおいしい物作ってた」なんて言ったあかつきは追い出されてしまうものね。(笑)
c0101934_13135620.jpg

ソレイユさんの生きがいのひとつがピアノ。まだ初めて8ヶ月なのにショパンのノクターンをはじめいくつも弾けるようになってしまいました。きのうはその仕上がったノクターンを聴かせもらうのも楽しみでした。届いたばかりの新しいピアノが部屋の雰囲気を変えていました。
ゼロから始めて8ヶ月でどうしてそんなに上手に弾けるの?というくらいすばらしいものでした。Sくんもシューマン、ブラームスを弾いてくれました。美亜もこの前の試験で弾いたドヴォルザークの曲と初見でシューベルトの即興曲とベートーベンを少し弾きました。美亜のピアノを聴くのは2年ぶりのこと。記念に写真を撮っておきました。次があるかどうかわからないからね。(^^;)
c0101934_13141990.jpg

さて食事がテーブルに並びました。ただただ見事。
c0101934_13143420.jpg

この茶碗蒸しはだしから取って作ったそうです。正直こんな上品な味の茶碗蒸し食べたことないです。エビ、鶏肉、しいたけ、たけのこ、三つ葉と具も豊富。
c0101934_13144988.jpg

手巻き寿司用のお刺身NO.1  魚屋さんでおろしてもらったという豪華版。
c0101934_1315690.jpg

お刺身NO.2 どの魚も貝も新鮮で食べる前からみんなわくわく。
c0101934_13153017.jpg

ソレイユさんのお母様直伝の春雨サラダ。わたしは何度かいただいていますがいつも絶品。きっとお嬢さんRちゃんにも受け継がれるのでしょうね。
c0101934_13154591.jpg

ソレイユさんオリジナルの枝豆とクリームチーズのかき揚げ(ガラムマサラ入りの塩が添えられてました)とこれまたオリジナル味の鶏のから揚げ。八角がいい隠し味になったやめられないから揚げです。
c0101934_1316622.jpg

お料理の味はもちろんのこと、彼女のすごいところはテーブルセッティングも絵になることです。だれに習ったわけでもないのに盛り付けひとつでもそのセンスがうかがえます。
c0101934_13162115.jpg

デザートはレアチーズケーキ。最近は毎日のように冷菓を作っているそうです。口の中でトロ~ッととろける食感はなんとも言えません。
c0101934_1316339.jpg

これだけの料理をわたしとおしゃべりしながらちゃちゃっと作ってしまうソレイユさん。人間業とは思えません。尊敬通り越して驚嘆かな。ごちそうさまでした。
[PR]
by kish-paris | 2007-07-22 13:17 | 食事


久しぶりのうちでの食事会

c0101934_2328467.jpg

日本に来る直前にうちで久しぶりに夕食会をしました。料理をするモードにはなっていなかったのですがこんなことでもしないと料理作りを忘れてしまうので思いきって実行。でもとても楽しめたのでホントやってよかったです。

この日の参加者は、わたしだけがみんなを知っていてそれぞれの人は初対面というけっこう無茶な組み合わせディナーでした。でもそんなことでひるむメンバーではなく、話は盛り上がり11時過ぎまでわいわいがやがや。またこのメンバーで会いたいねと再会を誓い合ったくらいのりのいい友人達だったのです。

オードブルは2種類のカナッペ。フォアグラ、ドライトマト入りタプナッド+きゅうり、スモークサーモンを混ぜたクリームチーズをしぼり出したもの。けっこうおいしかったかな。しぼり出し袋を使うとちょっとプロっぽくなります。
c0101934_23282042.jpg

アントレは夏野菜のゼリー寄せ。最初に細かく切った野菜をにんにく味のマリネにつけておいたので味はしっかりついています。カップに入っているのはポワローねぎのビシソワーズ。
c0101934_23283475.jpg

この日はレシピなしのわたしの気分で作った創作料理ばかり。メインはえび、ほたて、カキ、きのこ、ブロッコリーのトマトクリームソース添え。いつものことですがどうも盛り付けがきれいでないので見かけがねえ・・ 味はよかったのよ。
c0101934_23285050.jpg

デザートは3種。アップルクランブル、スフレチョコレートケーキ、マスカット杏仁豆腐。
c0101934_2329493.jpg


みんな「おいしい!」と言ってくれたので大満足。やっぱりほめられるとうれしいものです。きょうは自画自賛ブログになってしまったわ。ふふふ
[PR]
by kish-paris | 2007-07-17 23:30 | 食事


負のオーラが・・

c0101934_025034.jpg

今日は雨。お寿司食べに行こうと誘ったきょうこちゃんにあっさりふられて五穀米、塩昆布、野菜スープのなんともわびしい食事をしています。でもこの塩昆布、行列のできるお店のものだけあっておいしいのです。行列ができるのにはそれなりの理由があるのねと納得。>大阪の○○ちゃん、ありがとうね。

きょうの私はおもいっきりマイナスのオーラを発しています。だからこうしてうちでじっといるのが正解なんだと思います。映画「シカゴ」を見て少しは気分晴れるかと思ったのに何の感動もなし。こんな気分の自分を記録に残しておくのも悪くないと思うのでこのブログを書くことにしました。

3月からどうも人間関係に自信がもてなくなっているわたし。人生で初めてのことかも。私の中に人をいらだたせる何かがあるようでちょっと臆病になっています。大きな苛立ちを与えているとは思わないのですがなんというか第六感なのでしょうか、何か相手に感じてしまうのよね。以前の私なら「世の中全員に好かれるなんていうことはありえない」と言い切れていたのに、今は正直嫌われたくない・・・ だから、、みなさん、わたしに苛立ってもその感情を極力隠してね。(笑) ぽっかり空いた心の穴は自分で埋めなくてはいけない、さっき読んだ本に書いてありました。何で埋めたらいいんだろう。

きのうの夜はすずめさんのご馳走をいただいて来ました。彼女の明るさはわたしに勇気を与えてくれます。もうすぐこうして気楽に行き来ができなくなるのはさびしいわ。
c0101934_03432.jpg

白身魚のグラタン(野菜もたくさん入っている)とソース。こんな料理をささっと作れてしまうなら料理も苦にならないわね。
c0101934_043296.jpg
c0101934_05144.jpg

オリーブオイルを塗ったガーリックトースト。バターより軽くておいしいです。ガーリックもきつくなくほんのりで上品。
c0101934_055446.jpg

デザート1はレアチーズケーキのイチゴソースかけ。卵黄を使っていないのでムースと言っていいくらい軽いケーキでこんなのを開発してしまうすずめさんはやっぱり料理の達人だわ。
c0101934_063529.jpg

二つ目のデザートは2種類のシャーベットをそれぞれブラックチョコとホワイトチョコで包んだ珍しいもの。かりっとチョコレートをかむと中から少し酸味のあるシャーベットが出てくるという遊び心のあるお菓子です。コーティングする前のチョコレートの濃度調整がけっこう大変だそうです。
c0101934_071632.jpg

デザートといっしょに飲んだラデュレの紅茶。なんとティーバッグがこの箱の中に10個しか入っていないのに10ユーロもしたそうです。まああのお店は小さいマカロンもかなりの値段するからわかるような気もします。

ごちそうさま、すずめさん。すべておいしかったです。
[PR]
by kish-paris | 2007-05-28 01:17 | 食事


あ~、おいしかった(*^_^*)

c0101934_314066.jpg

今フランスのガソリンの値段は異常高です。1リットル1.4ユーロ(230円近い!)。日本もこんなに高いのでしょうか。どうもフランスの車は日本車に比べて燃費が悪いような気がします。そんなに乗っていないのにどんどん減っていく。別に省エネを考えているわけではないでしょうがきょうの街中は車が少なかったです。
c0101934_312629.jpg

今日はブーローニュに住むみきえさんのご招待でランチをごちそうになって来ました。いつものことですが食べ始めてから写真撮るのを忘れているのに気づくので食べかけのスープ(日本語ではスープは飲むって言うのよね)になってしまいました。きれいなグリーンで何の野菜かなとみんなで想像したのですがなかなか味からもわかりませんでした。ブロッコリー、ほうれん草、グリーンピース、全部ハズレ。なんとズッキーニでした。皮のみが緑のあの野菜がこんなきれいな色を出すのですね。
c0101934_313694.jpg

次にできてきたのはチーズをはさんだアンディーブのグラタン。こちらではアンディーブと呼ばれるこの野菜、なぜか日本ではチコリとかベルギーチコリと呼ばれているようです。フランスのチコリはレタスというかサラダ菜の一種。(日本ではこっちをアンディーブって呼んでいるんだったんじゃないかな) 

メインはラムの背肉の煮込みでとても柔らくておいしかったのですがすっかり写真撮るの忘れました。(^^;) おかわりまでしたのに食べ終わってから気がついたのよね。

デザートはまりやさんの作ったすばらしいケーキとわたしの作った抹茶パウンドケーキ。
c0101934_3144734.jpg

c0101934_3153314.jpg

これが手作りだと思えますか?5層になったそれはそれは手間のかかった本格的なケーキなのです。有名パティシエのクラスで習ったものだそうですがきっと先生のよりもおいしいのでは?というのがわたしたちの感想でした。

まりやさんはソレイユさんのブログを見ていつも感心しているそうです。いつかおふたりを出合わせたいと思っています。アマチュアの域を超えたこのふたりはカリスマ主婦になれる要素を持っています。料理の達人すずめさんを加えて一旗揚げられるんじゃないの?と営業担当のポストを狙っている私。みんな早く日本に帰ろうね。すずめさんはイタリアに、まりやさんはドイツにこの夏から数年住むことになっています。きっとその間も修行を積んでくるでしょうから先が楽しみです。
c0101934_3162014.jpg

わたしの作った抹茶パウンド。いつものソレイユさんのレシピです。レシピ通り作ったのでソレイユさんの抹茶パウンドに似てはいるのですが何か違うのよね。やっぱり中途半端な性格のせいでしょうか。
c0101934_3165126.jpg

帰りにソレイユさんが絶品と賞賛しているコニャックを買って来ました。アルコールアレルギーで飲めない私には全くわからないのですがなんでも香りがすごくよくてお菓子に使ってもおいしくなるそうです。こんな廉価なコニャックがおいしいなんて意外ですよね。
[PR]
by kish-paris | 2007-05-16 04:34 | 食事


微妙な自分

c0101934_5492715.jpg

きょうは独り言とレストランの予約以外全くしゃべらない日でした。いつもひとりでうちにいることの多いわたし。まあ主婦なんてこんなものでしょうが。マメオは日本と中国に出張中。美亜は・・事情をご存知の方はわかるでしょ。ひとりでいるのがさびしいわけではないのですがきょうはなにか孤独感がねえ。。たまにはこんなこともあるさと割り切ってはいるのですが。。用もないのにだれかに電話するのもなんなのでこうして意味もなくブログを書いているというわけなのです。

メールを開けたら多数のジャンクメールの中に友人から数通。いつもメールもらうのうれしいですが今日は特にうれしかった~。送ってくれた人、どうもありがとうね。
今すごく自分が弱くなっているのがわかります。原因のわかっていること、解決しようと思えばできることもありますが自分の力ではどうしようもないこともあるので、翻弄されている自分が時々かわいそうになってしまいます。(-_-;) 

日本でDVDに録画してきた江原啓之の「天国からの手紙」をさっき見ていたく感動しました。当たり前のことなんだけれど、この世で生きていることはなんてありがたいのか改めて教えられました。江原さんはいろいろなバッシングも受けていますが、わたしのアンテナは彼の伝えたいメッセージ、「想像する力を持つこと」「気付くこと」をキャッチし始めているようです。みんながこの力を持つと傷付け合うこともなくなるのだと思うんだけれど。

きょうの写真は最近のわたしのとても貧しい食生活を象徴する創作料理、名づけて「山芋お焼き」です。キャベツとおろした山芋、たまご、エビ味の天かす、白だし、しょうゆをただ混ぜて焼いただけのお好み焼きのライト版。下の写真は青海苔を入れて小判型にしてみましたが入れないほうがおいしいみたい。

普通の主婦でないわたしは普通にきちんと家事をやっている自分以外の人を尊敬してしまいます。でもそのうちきっとわたしも復帰するからね。いつになるかわからないけれど。
c0101934_5503366.jpg

[PR]
by kish-paris | 2007-05-14 06:46 | 食事


作り過ぎたクッキー

c0101934_1122114.jpg

今日1日で作ったわたしの作品です。作りたいとなったらまとめて作ってしまうのでマメオのいるときしか作れません。(マメオは別の名を残飯胃袋ともいいます) 今日作ったものは日持ちするものばかりなのであせらなくていいからね>マメ。
c0101934_1131277.jpg

わたしにしてはどれもまあまあ満足のいく味なのですが写真左上の四角いクッキー、これは問題でした。味はいいのに触ると壊れてしまう。口に届くまで形を保つのがそれはそれは大変なのです。でも口にいれるとふわっとチーズの味が広がって(あっ、これチーズクッキーです)とけるようなやわらかさ。まさにわたし好み。でも人にあげることはできないなあ。「壊れやすいので注意しましょう」って本には書いてあるけれどこんなつまむこともできないものレシピとして載せるほうがおかしいと思う。

こんなにたくさんのクッキーどうしよう・・ そうだ!すずめさんにあした食べてもらおう。すずめさん、お助けマダムだと思って食べてね。

あと2日で日本に発ちます。いつものように出発当日スーツケース詰めするんだろうなあ。いやいやそんなことではいけない。今回こそ余裕を持って準備しましょう。でも今日は取り合えず寝て鋭気を養おうっと。
c0101934_1133963.jpg

きのうの夜考えることがあって夜中の散歩をしました。(本当はあぶない) なんでもない町の教会でもこうやってライトアップするなんてやっぱりここはカトリックの国なんだなあと思います。
[PR]
by kish-paris | 2007-04-05 04:48 | 食事


持ち寄りランチ

c0101934_4453555.jpg
c0101934_447884.jpg

まずちょっと宣伝させてください。このブログをパリに住んでいる人が何人見てくださっているのかわかりませんが、次の日曜日4月1日朝10時から夕方6時まで15区のもと「かなえ」(日本食品店」のあった場所の上でフリーマーケットが大々的に催されます。(わたしはただの参加者です) たくさんの方に来ていただきたいと主催者の方がおっしゃってます。けっこう掘り出し物もありますのでどうぞいらしてください。

上の写真はきょうの持ち寄りランチ。空飛ぶお仕事の4人プラスわたしがおのおの1-2品持ち寄ってうちでお昼を食べました。本当は室内プール付き豪邸のひろこさんのうちでやろうとひろこさん抜きで勝手に予定を決めていたら彼女はきょうあしたとお暇がないそうで急遽うちになりました。やっぱり本人の確認を取ってからじゃないとね。

5人集まるとけっこうな種類のものが食べられてうれしいです。4人はみんな同僚なので「外部に漏らしちゃいけない」話をたくさん聞かせてもらいました。わたしの狭い世界では知りえないヘンな人が世の中にはいるんだなあと笑ってしまったのです。
c0101934_448392.jpg

デザートはまたまたソレイユさんのレシピのキャラメルアップルパウンド。味はいいのですがわたしが作るといつも真ん中がぷっくり膨らんで中年のおじさんのお腹のようになってしまいます。

お菓子作りも性格が出るのか、わたしの作るものはまあ食べられるが人にプレゼントとなると格好がいまいち。「まあいいか」と何事でも片付けてしまう中途半端な自分が料理にも出ているようでいまひとつ自信がもてません。おもてなしにしても気がきかないというかみなさんの飲み物が空っぽでも気づかない。その点スチュワーデスの人たちはすばらしい!見習いたいと思ってもなかなかできないものです。

あ~、今日もまた食べ物ブログになってしまった。。わたしの人生、食べ物と悩み事しかないのだろうか。(笑)
[PR]
by kish-paris | 2007-03-27 06:00 | 食事


おいしいおみあげ

c0101934_14474798.jpg

実は数日間だけ日本に行ってきました。出発2日前に突然決まったことなので取り合えず荷物まとめて苦手な飛行機に飛び乗りました。美亜がバイオリニストとして「BRUTUS]という雑誌の取材を受けることになり、その撮影とインタビューというのが目的でした。スタイリストさんの決めたすてきな服を着てヘアー、メイクもばっちりプロの方にしてもらい本人は大満足。4月15日に発売される号に1ページ分出るそうですのでお時間のある方は見てやってください。

そのあわただしい滞在最後の日にソレイユさんがお得意のマカロン3種とオレンジパウンドを作ってフランスへのおみあげとして持たせてくれました。ご覧のようにまるでお店で売っているようなラッピングでしょ? いつも彼女のブログで見るお菓子たちも品のあるセンスが光っていると思っていましたが実際にこうして手にしてみるとわくわくしてしまいます。ご近所のすずめさん、ピアニストの京子ちゃんも誘って美亜、マメオもいっしょにひとくちひとくち大事にいただきました。その味は見かけ通り絶品!さすが研究に研究を重ねただけあって完璧と言える食感、味でした。みんな「これって完全にプロだよね」とただただ感心。ソレイユさん、どうもありがとう。あなたは天才です!
c0101934_14485024.jpg
c0101934_14494481.jpg

c0101934_14503452.jpg

できたての抹茶マカロン。中はホワイトチョコのガナッシュです。あとチョコレートとコーヒー味のマカロンもいただきました。作り方のデモンストレーションもしてもらったのです。
c0101934_17214360.jpg

これは京子ちゃんが持ってきてくれたかわいいお花。わたしのお気に入りでキッチンを明るくしてくれてます。

時差ぼけはいつもないのに今日はまだ暗いうちに目が覚めてしまいました。やっぱりこの歳になると数日だけの日仏往復はきついです。
[PR]
by kish-paris | 2007-03-02 17:18 | 食事


あ~、わが子よ(-_-;)

このところインターネットにつなげない、このエキサイトブログに書き込めないと、パソコン関係で不運続きのわたしです。勝手にひとの接続パスワードを変えてしまうプロバイダーなんて信じられます?さっさとこんな会社とおさらばしたいのですが、悲しいかなPCに弱いわたしはそんな勇気もなくただひたすら「どうぞ今日は問題ありませんように~」と祈る毎日なのです。
c0101934_4243228.jpg

日曜日はコンサートに向けてまたY先生のレッスンがありました。とても熱心に教えてくださりありがたかったのですが、わたしは美亜の真の性格をみてしまいかなりあせっています。あの子がペシミストでないことは知っていましたがあそこまでノーテンキで快楽主義者でおばかだとは気づいていませんでした。(^^;;;) 「いいかげんに目を覚ましなさいっ!」とハハは声を大にして言いたい。これだけ自分に甘い美亜に共演者である京子ちゃんがいつまで耐えられるかそれも心配なのです。
c0101934_425388.jpg

きのうはひとりご飯もなんなのですずめさん親子を招いて夕食をご一緒しました。メインは日曜日に引き続きまたまたお寿司。冷凍してあったトロとにせキャビアで創作寿司を作りました。
デザートはすずめさんの試作品、バナナムースのケーキ。トロ~リとしたさっぱりムースがとてもおいしくておかわりしてしまいました。
c0101934_4253696.jpg

なぜか今年はわたしのまわりでは引越しラッシュ。ミラノに行ってしまうすずめさんをはじめ、日本やドイツにと散らばってしまうのです。さびしいけれどこれも転勤族の運命だからしょうがないのよね。
[PR]
by kish-paris | 2007-02-07 05:19 | 食事

    

3回目のフランス生活も10年。日々の生活、子育て、何でもありということで少しずつ書かせていただきます
by K
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
メール、お問い合わせなどはこちらから...

カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
素敵なゲスト
from 食卓から愛をこめて
Joel Robucho..
from 食卓から愛をこめて
  ジョエル・ロブション..
from 代官山だより♪
SPRING CONCE..
from 星をかぞえながら・・・
皆様に感謝!Mia & ..
from 食卓から愛をこめて
マカロンとパウンドケーキ..
from 食卓から愛をこめて
お正月のお客様
from 食卓から愛をこめて
お料理教室
from LA MAISON DE M..
Orange Pound..
from 食卓から愛を込めて
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧