わたしのフランス生活


<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧



持ち寄りランチ

c0101934_4453555.jpg
c0101934_447884.jpg

まずちょっと宣伝させてください。このブログをパリに住んでいる人が何人見てくださっているのかわかりませんが、次の日曜日4月1日朝10時から夕方6時まで15区のもと「かなえ」(日本食品店」のあった場所の上でフリーマーケットが大々的に催されます。(わたしはただの参加者です) たくさんの方に来ていただきたいと主催者の方がおっしゃってます。けっこう掘り出し物もありますのでどうぞいらしてください。

上の写真はきょうの持ち寄りランチ。空飛ぶお仕事の4人プラスわたしがおのおの1-2品持ち寄ってうちでお昼を食べました。本当は室内プール付き豪邸のひろこさんのうちでやろうとひろこさん抜きで勝手に予定を決めていたら彼女はきょうあしたとお暇がないそうで急遽うちになりました。やっぱり本人の確認を取ってからじゃないとね。

5人集まるとけっこうな種類のものが食べられてうれしいです。4人はみんな同僚なので「外部に漏らしちゃいけない」話をたくさん聞かせてもらいました。わたしの狭い世界では知りえないヘンな人が世の中にはいるんだなあと笑ってしまったのです。
c0101934_448392.jpg

デザートはまたまたソレイユさんのレシピのキャラメルアップルパウンド。味はいいのですがわたしが作るといつも真ん中がぷっくり膨らんで中年のおじさんのお腹のようになってしまいます。

お菓子作りも性格が出るのか、わたしの作るものはまあ食べられるが人にプレゼントとなると格好がいまいち。「まあいいか」と何事でも片付けてしまう中途半端な自分が料理にも出ているようでいまひとつ自信がもてません。おもてなしにしても気がきかないというかみなさんの飲み物が空っぽでも気づかない。その点スチュワーデスの人たちはすばらしい!見習いたいと思ってもなかなかできないものです。

あ~、今日もまた食べ物ブログになってしまった。。わたしの人生、食べ物と悩み事しかないのだろうか。(笑)
[PR]
by kish-paris | 2007-03-27 06:00 | 食事


バースデーコンサート

c0101934_953968.jpg

あと5分でヨーロッパはサマータイムになります。きょうは1時間損してしまうのです。

今晩はいつも自宅サロンをコンサート会場として解放しているまゆみさんのうちでジュリアン・ルパップのピアノリサイタルがありました。4月に日本でやる彼のリサイタルのお披露目のようなコンサートでした。ベートーベン、シューマン、ドビュッシーがプログラム。今週もいい音楽で癒されました。

終わったあとはまゆみさんの誕生パーティー。上の写真はお祝い事にふさわしいジゴ・ダニョー(ラム・レッグの丸焼き)です。薄く上手に切ってくれたのはバイオリンを習っているGくん。かわいいでしょ。>Gくん、見てる?ブログに載せたよ~。フランスではお肉を切るのは男の仕事。Gくんきっといいおムコさんになるわ。
c0101934_961984.jpg

お寿司をはじめ食べきれないくらいの料理が並びました。先週のコンサートの時は気分が悪くほとんど食べられなかったのですが今日はそれを取り戻すかのように食べてしまいました。
c0101934_965494.jpg

まゆみさんのリクエストによりわたしが作っていった2品。ペペロンチーノ味のパスタ(カッペリーニ)の上にムール貝、きのこ、キャベツ、花にんにくが乗ったものとソレイユさんのレシピで作ったチョコバナナパウンド。

いい音楽聴いておいしいもの食べてさあ寝るか、と思ったら。。。ただでもビミョーな精神状態なのにまたまたいやなことが・・・ どうしよう・・ どうしよう・・ こんなところに書いてもしょうがないけれどどうしよう。いやだ、いやだと思うともっといやになる。あ~、美亜に腹が立ってきた。(彼女関連のことなので) おいしかったものも消化不良。すみません、わけのわからないこと書いて。負けるなよ~~~って心の中で応援していただけるとうれしいです。(笑)
[PR]
by kish-paris | 2007-03-25 09:51 | コンサート


中華街での討論

c0101934_4372828.jpg

先週はチェロのコンサートに2回行ってきました。どちらも若い女性のチェリスト。木曜日ルーブルのAuditoriumであったコンサートは、去年18歳でロストロポヴィッチコンクールで優勝したドイツ人エリザベス・ヘッケル。ジャクリーヌ・デュプレの再来と騒がれた評判のチェリストです。とても音がきれいで至福の時を過ごさせてもらいました。

土曜日はいつものまゆみさん宅での月例コンサートでマヤ・ボグダノヴィッチの演奏を聴いてきました。去年末に八王子であったカサド国際チェロコンクールで2位だった23歳のチェリストです。最後に弾いたピアソラを聴いて、小さな体で迫力あるなあと思っていたら隣にいたラテン音楽にはちょっとうるさいゆみこさんが「あれはちょっとノリが違う」とおっしゃるのです。「そうなんだ」とあまりわからないけれどうなずいたわたしでした。

と、ここでやっと上の写真について。きょうもまたお誘いに乗ってランチへ出かけてきました。うちにいるとろくなこと考えないのでなるべく出かけるようにしています。今日のメンバーは裏同窓会のおちか姐さん、るみちゃん、それに同窓会とは関係のないただ今妊娠8ヶ月の水中カメラマンももちゃんの4人。でまたAsia Palaceに行ってきました。きょうは北京ダックではなく他の料理。上の写真のものにごはん、ウーロン茶たのんでデザート食べておひとりさま14ユーロ。やっぱり中華街は安いです。

きのうのわたしのブログを読んだおちか姐さんがオトコのサガについて話し始めたので今日のメインテーマはまたこれ。それにしてもわたしの周りには先進的な(っていうか突拍子もない)考え方の人がなんて多いのでしょう。
おちか姐さんはわたしよりひと回り上、るみちゃん、ももちゃんはひと回り下。でもみんなわたしのごく「普通」の考えを否定するのです。「浮気をしないオトコなんていない」だとか「女だって好きになったら突っ走る」だとかカゲキとしか思えないこと言うのです。結婚って一応契約じゃないの?と言うわたしは鼻で笑われてしまいました。みなさん、あなたのパートナーに好きな人ができたら手を振って送り出してあげられますか?できないでしょう?わら人形ものよね。(笑) この問題に関しては他の人の意見も聞いて統計を取ってみたいと思います。ひょっとしたらわたしがとてつもなく時代から外れているのかもしれないし。
[PR]
by kish-paris | 2007-03-21 05:48 | レストラン・パリ


3月の食事会

c0101934_5124060.jpg

このブログにわたしたちの豪食ランチを載せるたびに言われること。「いいもん食べてるねえ。優雅だねえ」 うん、そうかもしれない。でもわたしたち所詮サラリーマンの妻。特に贅沢しているわけでもないし、おまけに夫の度重なる転勤のせいで仕事をすることもままならずキャリアを積むこともできなかった、なんていうかちょっとした犠牲者なのです。わたしなんて孤独な現地妻だもんね。たまにはいいじゃない、こんな食事。6月までの期限付きなんだし。というわけで今日はFour Seasons Hotel Georges Vの中にあるLe Cinq に行ってきました。

ホテルに入るや「ねえ、あれって市川海老蔵じゃない?」とすずめさん。そう、パリで歌舞伎の公演があるらしいのです。すべすべお肌の男前でした。
c0101934_5133481.jpg

こういう星付きレストランのサービス係ってちょっと日本語しゃべったりしてみんな日本人慣れしているみたい。でもさすがサービスは一流で笑顔が絶えず感じがいいの。まるでフランスじゃないみたい。いっときの夢であっても大事にされてるって感じられるのは幸せだわ。
c0101934_5141425.jpg

これはうす~いオニオン味のゴーフル。やめられない、とまらないおいしさ。もし売っているんなら買って帰りたかったです。
c0101934_5144284.jpg

オードブルの前に出てきたセロリスープ。ちょっと生姜味がしてうちでマネできそう。これの入っていたお皿、かなり大きいのに真ん中が直径4cmくらいしかくぼみがない。こんなお皿使い回しできないだろうなあと普通の主婦は考えてしまいました。
c0101934_5151437.jpg

全員が選んだ前菜。山羊チーズ入りラビオリ。ラビオリというより餃子の皮でした。
c0101934_5155178.jpg

3人が選んだラム肉と夏野菜。
c0101934_5162781.jpg

すずめさんが選んだ魚(ほうぼう)
c0101934_5165829.jpg

口休めに出てきたバニラのパンナコッタ。
c0101934_5173237.jpg

デザート1、ティラミス。
c0101934_518517.jpg

デザート2、ボストックというお菓子のベリーソース添え
c0101934_5183626.jpg

デザート3、チョコレートスフレ。
c0101934_5191158.jpg

おまけのデザートシャリオ。風情のある家具調のシャリオです。6,7種類のチョコレートやカリソン(南フランスのアーモンド菓子)、ヌガー、などなどいろいろあって好きなだけ食べていいと言われたけれどおなかいっぱいでほとんど食べられず。
c0101934_5195466.jpg

c0101934_521221.jpg

このホテルはあちこちに生花が飾ってあってあまりのきれいさに思わずパチリ。
c0101934_522898.jpg

ホテル近くの工事中の建物の壁がちょっと芸術的だったのでこれも載せます。

この前ソレイユさんに写真を横に並べる方法教えてもらったのにまだ試していません。だからいまだにずらずらたてに並べるだけのセンスのないブログです。

今日の食事は・・トラディショナルなおいしいフレンチでした。わたし個人としては前回のLes Elyseesのほうが衝撃的でよかったかなあ。
[PR]
by kish-paris | 2007-03-14 06:51 | 星付きレストラン


北京ダックで少し回復??

今晩は夕食会へのお誘いがあり、わたしお気に入りの北京ダックがとても安く食べられる中華街のASIA PALACEに行って来ました。そして帰りはしっかりペリフ(パリ外環状線道路)の出口を間違ってしまいすっかり帰ってくるのが遅くなってしまいました。(;´д`) 自慢じゃないけれどわたしは希にみる方向音痴でして一回曲がると自分がどこにいるのかもうわからなくなってしまうのです。いつもの出口を通り過ぎてしまったと気がついた時、もう1周してしまおうかとも思いましたが(パリをぐるりと1周するという意味)やっぱり思い直し一番近い出口から出ました。でもそこは見知らぬ世界。探せど役に立ちそうな標識もなく絶望的になったのですが、まあ朝までに帰れればいいわと腹をくくり夜中の冒険へといざなわれたのです。せっかく食べた北京ダックも消化するのを忘れてしまうくらい途中絶望的になったのですがまあ何とか無事に我が家にたどり着きました。だから車の運転はいやなのよね。

以下の写真が北京ダック。このあと皮をそがれたダックを使ったスープと野菜炒め、チャーハン、デザートがあったのですがいつものごとく写真撮るの忘れました。これだけ食べてジャスミン茶飲んでおひとり様20ユーロにもならないのです。味はというと・・いろいろなアジアの国々で北京ダックを食したことのあるにわか北京ダック評論家のわたしが太鼓判を押すおいしさです。皆様パリにいらしたときは是非お試しください。このお店は他の料理もなかなかのものです。
c0101934_8442836.jpg
c0101934_845182.jpg
c0101934_8455879.jpg

[PR]
by kish-paris | 2007-03-11 09:55 | レストラン・パリ


気分を変えて

c0101934_3515163.jpg

気分がすぐれないのはうちにこもっているからかも、と今日デパートに行ってみました。プランタンの表のショーウィンドーはMIU MIU一色。どこかで見たことある服だと思ったらこの前美亜がBRUTUSの撮影の時に着た服に似ている。ちょっと着方が違うみたいだけれどこれだったような気がする。いずれにしてもあのときもMIU MIUの服だったらしいから同じ物の可能性大。
c0101934_3521830.jpg

わたしたちのすばらしい評価を得た(すっかりミシュラン覆面編集者気分)16区のレストラン「ASTRANCE]が3ツ星になったそうです。(すずめ情報) そのアストランスで使用されていた食器がすべてBERNARDAUDでした。シンプルな白でお料理がとても生えていたのを覚えています。

このところ年とともにシンプルなものに惹かれるようになってきて、数ヶ月前からほしかった上の写真のBERNARDAUDのケーキ皿買ってしまいました。

フランスにはListe de Mariageという、結婚する人たちがほしい物をお店に知らせておくと贈る人がその中から選ぶというなんとも合理的なシステムがあります。わたしたちもそれを利用させてもらいました。だから自分たち(うちの場合はわたしだけれど)の気に入った物ばかりを手に入れることができるのです。でも、、20代の時に「これだっ!」って気合い入れて選んだものが数十年たっても気に入っているかというとそれもむずかしいのです。あの当時つまらないと思ったものがけっこう今になって好きだったりします。基本的に自分は25過ぎてから変わっていないと思いますが趣味嗜好は少しずつ変化しているのかもしれません。
[PR]
by kish-paris | 2007-03-10 04:31 | 生活


春近いクロスクラブ

c0101934_0131474.jpg

きのうは気分がすぐれず1日中ベッドの中。食べもせず何もせずただ横になっているだけの人生1日損した日だったのです。どこが悪いというわけではないのに思い悩むことがあるとこういう状況になりやすいわたし。たいしたことじゃないと頭でわかっていても体が反応してしまう。

何も食べてないから気力もなく、今日のお昼は人様の作ったもので栄養取ろうとひとりで近所の中華で昼食をすませることに。半拒食症だったはずなのにまるで過食症になったみたいにすごい量の料理を全部食べてしまいました。

料理が来るまでの間今月創刊されたこちらの邦人向けの月刊小誌BONZOUR(ボンズールと読む。なまっているところがしゃれている)をぱらぱらと見たらこれがなかなかおもしろい。ほかにもOVNIだとかニュースダイジェストだとか邦人向けの冊子はいくつかあるのですが、ボンズールはちょっと趣向が違っていてノリが関西風というかブログが紙になったような軽い感じの読み物なのです。日本食品店、レストランなどにおいてあるので見かけた人は読んでみてください。パリから遠いところにいらっしゃる方にもお見せしたいですわ。

そんなこんなでグータラしている間に、ソレイユさんが4月のコンサートのために活動をしてくださっていたのを彼女のブログで知り、思わずパソコンの前で「かたじけない!」と頭を下げてしまいました。そうなのです。4月14,15日はもうそこまできているのです。近いうちにこのブログ上でも案内させていただきますのでどうぞみなさまいらしてくださいね。大田区久が原にあるクロスクラブで午後3時からヴァイオリン(美亜)とピアノ(京子ちゃん)のコンサートです。すてきなお庭でソレイユさんのケーキが味わえるという大きなおまけのついた音楽会です。クロスクラブの今の様子はこちらを→(ソレイユさんのレポートです) 冬の様子はこちらを

今朝また美亜への取材の話が来ました。BRUTUSとは別の雑誌。まだ本人も知らないしわたしも寝ぼけていたので雑誌の名前忘れてしまいました。今度は1ページより多いそうな。ありがたいことです。

そうそう、1番上の写真は意味ありません。今日は写真がないのでスーパーのチョコレート売り場を写してきました。近所の普通のスーパーでこんなにたくさんの種類のチョコレートが売られているのです。あとチョコレート専門店がうちの近所に1件あります。この国のチョコレート消費量っていったいどれくらいなんだろう。
[PR]
by kish-paris | 2007-03-08 02:31 | 生活


お雛祭りに同窓会

c0101934_455356.jpg

きょう3月3日はおひな祭り。ついこないだお雛様を片付けたと思ったらまた出す時期になってしまいました。1年なんてあっという間なのですね。ここ数年1週間が1日のようなペースで時間がたってしまいます。

今日のお昼は中華レストラン「えびす」で同窓会がありました。今年の幹事はわたしなのでかなりいい加減で手抜き。キャンセルが多かったので裏同窓会よりこじんまりとした会になりました。本格中華をたっぷり食べて満足してたらいつものおちか姐さんが「写真は?」と。またやってしまいました。食い意地のはっているわたしはあのフルコースの中華料理の写真撮り忘れてしまったのです。残念! まあ仕方ないわ。
c0101934_46417.jpg

2次会はお茶とケーキで、ということで日本にも進出している Jean-Paul Hevinのティーサロンへ。日本人グループが3組くらいいました。やっぱり人気なのね。
c0101934_471661.jpg

わたしはもちろんここの名物モンブラン。なぜか金曜と土曜にしか食べられないのです。以前このブログに載せたアンジェリーナのモンブランははずれもいいところでしたが(アンジェリーナといえばモンブランで有名なのですが)あれとは比べ物にならないくらいおいしかったです。

他の人が取ったチーズケーキを味見させてもらいましたが今までフランスで食べたチーズケーキの中で1番おいしかったです。フランス人だってチーズケーキ作れるんじゃないってちょっとおどろき。別の人が取ったケーキもおいしかったそうなのでこのお店が流行るのも納得です。パリに来た時はここでお茶する価値ありです。
c0101934_482753.jpg

このマロングラッセは食べてないけれどおいしそうだったので写真に撮りました。

20代から70代の同窓生が歳を忘れて話せるってすてきなことだと改めて思いました。人間25過ぎたらいくつでも同じよ、なんて言うと若い人はいやかな?
[PR]
by kish-paris | 2007-03-04 07:27 | 生活


おいしいおみあげ

c0101934_14474798.jpg

実は数日間だけ日本に行ってきました。出発2日前に突然決まったことなので取り合えず荷物まとめて苦手な飛行機に飛び乗りました。美亜がバイオリニストとして「BRUTUS]という雑誌の取材を受けることになり、その撮影とインタビューというのが目的でした。スタイリストさんの決めたすてきな服を着てヘアー、メイクもばっちりプロの方にしてもらい本人は大満足。4月15日に発売される号に1ページ分出るそうですのでお時間のある方は見てやってください。

そのあわただしい滞在最後の日にソレイユさんがお得意のマカロン3種とオレンジパウンドを作ってフランスへのおみあげとして持たせてくれました。ご覧のようにまるでお店で売っているようなラッピングでしょ? いつも彼女のブログで見るお菓子たちも品のあるセンスが光っていると思っていましたが実際にこうして手にしてみるとわくわくしてしまいます。ご近所のすずめさん、ピアニストの京子ちゃんも誘って美亜、マメオもいっしょにひとくちひとくち大事にいただきました。その味は見かけ通り絶品!さすが研究に研究を重ねただけあって完璧と言える食感、味でした。みんな「これって完全にプロだよね」とただただ感心。ソレイユさん、どうもありがとう。あなたは天才です!
c0101934_14485024.jpg
c0101934_14494481.jpg

c0101934_14503452.jpg

できたての抹茶マカロン。中はホワイトチョコのガナッシュです。あとチョコレートとコーヒー味のマカロンもいただきました。作り方のデモンストレーションもしてもらったのです。
c0101934_17214360.jpg

これは京子ちゃんが持ってきてくれたかわいいお花。わたしのお気に入りでキッチンを明るくしてくれてます。

時差ぼけはいつもないのに今日はまだ暗いうちに目が覚めてしまいました。やっぱりこの歳になると数日だけの日仏往復はきついです。
[PR]
by kish-paris | 2007-03-02 17:18 | 食事

    

3回目のフランス生活も10年。日々の生活、子育て、何でもありということで少しずつ書かせていただきます
by K
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
メール、お問い合わせなどはこちらから...

カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
素敵なゲスト
from 食卓から愛をこめて
Joel Robucho..
from 食卓から愛をこめて
  ジョエル・ロブション..
from 代官山だより♪
SPRING CONCE..
from 星をかぞえながら・・・
皆様に感謝!Mia & ..
from 食卓から愛をこめて
マカロンとパウンドケーキ..
from 食卓から愛をこめて
お正月のお客様
from 食卓から愛をこめて
お料理教室
from LA MAISON DE M..
Orange Pound..
from 食卓から愛を込めて
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧