わたしのフランス生活


<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧



il ristorante nella PERGOLA

c0101934_2252024.jpg

先週1週間、NHK・BS2でアラン・ドロンの若かりし頃の映画特集をやっていました。上の写真は「太陽がいっぱい」。わたしより上の世代の日本女性を夢中にさせた彼の最初の映画です。今見てもこんな完璧な顔の男の人はいないと思うくらい美しい! 日本人はこのとき,「フランス男はきっとみんなアラン・ドロンみたいにかっこいい」って思ったのです。わたしがフランス人マメオと結婚した時、「きっしゅはアラン・ドロンのような男と結婚したらしい」とうわさが立ったとか。(笑)

アラン・ドロンは声もいい。ダーバンのコマーシャルで、「C'est l'elegance de  l'homme moderne」とささやいていたあの声は20年以上たった今でも耳に残っています。そして年月はたち今のアラン・ドロンはと言うと・・ 雑誌で見る限り昔の面影はゼロ。りっぱに「おじいさん」です。美しい人ほど残酷な未来があるのね、と思わせるお姿。でもフランスでは例外的に美しい人だったと思います。長年住んでいてもきれいなフランス男なんて会ったことないですから。

ここでやっとタイトルの「il ristorante nella PERGOLA」登場。広尾3丁目にある今いち押しのイタリアン。、一品一品どれも手を抜いていないことのわかるコストパフォーマンスのとてもよいレストランです。

親戚ともこさんのお気に入りレストランということで連れて行ってもらいました。東京では近所にいながらお互い知らずに数十年会っていなかった、初対面といってもいいくらいの親戚です。女性起業家のともこさんはだれが聞いても知っている有名ビルにオフィスを構える会社の社長さん。女性が経営者としてやっていくむずかしさや、今の社会が若い人を育てる環境を作っていないことなど、普段のわたしの生活では聞けないような話をしてくれました。とてもきれいでかっこいい彼女、きょうはラフな格好でしたが仕事の時はスーツ姿で気が抜けないそう。きっと苦労も多いのでしょうがそれを感じさせない穏やかな人です。親戚といってもわたしたちには新しい出会いとほぼ同じなので友達が増えたようでうれしいです。
c0101934_233001.jpg

イタリア語はまったくわからないのでメニューに書いてあった言葉は覚えられませんでした。これはパルメザンのクレームブリュレ。アミューズとして出てきたのでほんのちょっとしか食べられませんでしたがこれがメインでもいいくらいおいしかった~
c0101934_23313528.jpg

前菜。グリーンアスパラガスとアスパラのスフォルマート(たぶんプリンとかムースという意味だと思う)にホタテのソテー。
c0101934_23341314.jpg

パスタ1。細くて平たいパスタ。名前は聞いたことのないものでした。アンチョビ入り。
c0101934_23342983.jpg

パスタ2。わたしにはペンネに見えるけれど名前は違っていました。子羊とキャベツのラグー。
c0101934_23344222.jpg

メイン1。すずきのポワレ。メインはちょっとフレンチ風。
c0101934_23345725.jpg

メイン2。フランス産ホロホロ鳥のファルシ。
c0101934_23362152.jpg

デザート1。
c0101934_23364231.jpg

デザート2。ビアンコマンジャーレ。この言葉は知っています。
c0101934_2337325.jpg
c0101934_23371661.jpg

コーヒー、紅茶も付いて3500円。日曜のお昼なのに女性の小グループで満席でした。おしゃれな街にある落ち着いた雰囲気のレストランです。ただしランチは土、日のみだそう。

il ristorante nella PERGOLA
渋谷区広尾3-2-13  Tel 5464-1288
[PR]
by kish-paris | 2007-07-29 22:05 | レストラン・日本


評判のビストロ (パリ)

c0101934_23315813.jpg

最近このブログではパリと東京が時間的に交差してしまいますが、このレストランはわたしの記録として残しておきたいのでアップします。6月末に行ったいわゆるビストロなのですが、お料理は星ひとつくらいのレベルなので予約の取りにくいお店として有名なのも納得。円に換算するとぜんぜん安くないのですが今のパリで35ユーロ以下でここまでのものが食べられるところはないと思います。

LA REGALADE 49, Ave.Jean Moulin 75014 Paris 01-45-45-68-58

内装は別にしゃれていません。普通のビストロです。車で行ったので便の悪いところという感じはしませんでしたが、地下鉄で行くとAlesiaという駅から10分ちょっと歩くそうです。そんなところにあってもおいしければ人は集まるのですね。
c0101934_23321128.jpg

お料理の前に自家製の大きなパテがパン、コルニション(ミニミニきゅうりのピクルス)とともにドーンと出され食べ放題。。これだけでもいいかもと思わせるくらいおいしいのです。でもあとの料理のことを考えると泣く泣く控えざるを得ませんでした。
c0101934_23322582.jpg

前菜1 フォアグラのムースが浮かんだきのこのスープ。こんな繊細な味のものふつうビストロ料理じゃないわね。
c0101934_23325151.jpg

前菜2 サーディンのパイ乗せ、と書いてしまうと味も素っ気もないですがこれもなかなかのコンビネーション。
c0101934_2333163.jpg

前菜3 大エビのトマトスープがけ。このトマトスープというかソースの味が普通じゃないのです。
メニューには他の料理もありとにかく選択肢の多いビストロです。
c0101934_2333134.jpg

メイン1 鮪のソテー。お刺身のようなレアな感じとソースがおいしい。
c0101934_23332524.jpg

メイン2 豚背肉のキャラメリゼ。おいしい!でも量が多すぎる。最初のパテを食べてなければ全部食べられたのに。
c0101934_23333916.jpg

デザート1 アルマニャック入りバニラスフレ。ふわふわアツアツ、きめの細かいスフレです。
c0101934_23335293.jpg

デザート2 ルバブのさとう煮、フローマージュブラン、イチゴのせ。

フランスでビストロを体験したい人にはここお奨めです。

フランスの物価は1ユーロ100円で計算するとまあ納得できるのですが実際は170円。だからバーゲンでも「全然安くないじゃない」と思ってしまいます。同じスターバックスの飲み物でもやたら高いものになります。でもユーロだと感覚が鈍ってしまうのか東京ではけっこうケチなわたしがフランスでは散財してしまうのよね。10年以上住んでも円に置き換えてしまうわたしはやっぱり根っからの日本人だわ。20年30年フランスに住んでいる人たちはいまだにフランでしか価格を実感できないみたいです。特に桁数が多い不動産なんかは。
[PR]
by kish-paris | 2007-07-25 23:34 | レストラン・パリ


ソレイユ宅での豪食

c0101934_13123029.jpg

相変わらず右腕の痛みは取れず、検査をしても何も見つからないので痛み止めでしのぎながら不自由な生活をしているわたしです。おまけにぎっくり腰にもなってしまい一挙に30歳くらい年取った気分。(-_-;)

でもきのうのソレイユさん宅へのご招待は這ってでも行ってきました。いつものことながらただただ感激のお料理とおもてなし。
c0101934_13124932.jpg

ソレイユさんのご子息(こんな言い方するとみんな笑ってしまうでしょうね)Sくんは美亜の幼友達。あの小さくてかわいかった子たちがこんなに生意気になってしまい親はその成長についていけない状態です。
c0101934_13132051.jpg

ふつう異性を意識してしまう年齢のふたりですが、言いたい放題でまるで兄弟みたいです。こんな関係の男友達がいる美亜がうらやましく思えました。
c0101934_13133461.jpg

おやつの時間にソレイユさんが冷凍してあった生地で6種類のクッキーを焼いてくれました。彼女のこのクッキーを食べてしまうと市販のものを買う気になりません。学校から帰ってくるとお母さん手作りのおやつが待っているのが当たり前という環境で育ったソレイユ家の子供たち。
「このうちのお母さんは例外的にお料理が上手であなたたちはすご~く恵まれているのよ」と特に男の子であるSくんには会うたびに話しています。ガールフレンドや妻に間違っても「うちのお母さんはもっとおいしい物作ってた」なんて言ったあかつきは追い出されてしまうものね。(笑)
c0101934_13135620.jpg

ソレイユさんの生きがいのひとつがピアノ。まだ初めて8ヶ月なのにショパンのノクターンをはじめいくつも弾けるようになってしまいました。きのうはその仕上がったノクターンを聴かせもらうのも楽しみでした。届いたばかりの新しいピアノが部屋の雰囲気を変えていました。
ゼロから始めて8ヶ月でどうしてそんなに上手に弾けるの?というくらいすばらしいものでした。Sくんもシューマン、ブラームスを弾いてくれました。美亜もこの前の試験で弾いたドヴォルザークの曲と初見でシューベルトの即興曲とベートーベンを少し弾きました。美亜のピアノを聴くのは2年ぶりのこと。記念に写真を撮っておきました。次があるかどうかわからないからね。(^^;)
c0101934_13141990.jpg

さて食事がテーブルに並びました。ただただ見事。
c0101934_13143420.jpg

この茶碗蒸しはだしから取って作ったそうです。正直こんな上品な味の茶碗蒸し食べたことないです。エビ、鶏肉、しいたけ、たけのこ、三つ葉と具も豊富。
c0101934_13144988.jpg

手巻き寿司用のお刺身NO.1  魚屋さんでおろしてもらったという豪華版。
c0101934_1315690.jpg

お刺身NO.2 どの魚も貝も新鮮で食べる前からみんなわくわく。
c0101934_13153017.jpg

ソレイユさんのお母様直伝の春雨サラダ。わたしは何度かいただいていますがいつも絶品。きっとお嬢さんRちゃんにも受け継がれるのでしょうね。
c0101934_13154591.jpg

ソレイユさんオリジナルの枝豆とクリームチーズのかき揚げ(ガラムマサラ入りの塩が添えられてました)とこれまたオリジナル味の鶏のから揚げ。八角がいい隠し味になったやめられないから揚げです。
c0101934_1316622.jpg

お料理の味はもちろんのこと、彼女のすごいところはテーブルセッティングも絵になることです。だれに習ったわけでもないのに盛り付けひとつでもそのセンスがうかがえます。
c0101934_13162115.jpg

デザートはレアチーズケーキ。最近は毎日のように冷菓を作っているそうです。口の中でトロ~ッととろける食感はなんとも言えません。
c0101934_1316339.jpg

これだけの料理をわたしとおしゃべりしながらちゃちゃっと作ってしまうソレイユさん。人間業とは思えません。尊敬通り越して驚嘆かな。ごちそうさまでした。
[PR]
by kish-paris | 2007-07-22 13:17 | 食事


ROY'Sでの再会

c0101934_2149243.jpg

美亜です。夜遊び大好き娘です。もちろんわたしには認めがたいことです。夜のお出かけ前はお風呂入ってバッチリお化粧するのにわたしとのお出かけの時は髪の毛もとかしてきません。まあいいんですけどね。
c0101934_21491859.jpg

右に写っているNちゃんはお母さんが日本人、お父さんがイギリス人のハーフです。でもかなりイギリス人寄りのハーフ。美亜は日本人寄りの顔ですが。このふたりがいっしょに遊んでいたのはNちゃん4歳、美亜5歳のときだったので今回再会しても初対面のようなものでした。今はロンドンとパリに住んでいるふたり、また仲良くなったみたいで12年ぶりの友情が再開したようです。母親たちと4人でいっしょの時は日本語だけでしゃべっていたのに子供たち二人になったら英語になってしまったようです。

この日のレストランROY’Sは本来ハワイアンと和食のフュージョン料理、らしい。青山にあったときは何回かブランチを食べに行ったことがありましたが六本木ヒルズに移ってからは初めてです。
c0101934_2149356.jpg

この日は1500円のランチセットを取りました。これはアサリのリゾット。オードブルのサラダが出たあとのメインだったのでかなりの量。
c0101934_21495138.jpg

生ハムのパスタ。
c0101934_2150433.jpg

ニース風サラダ。
c0101934_21501982.jpg

デザートのピーチパイ。

ブランチのセットメニューとはかなり違っていてどこがハワイアン?っていう感じでしたが飲み物もついて雰囲気もよくこの値段ならまあまあでしょう。
c0101934_21503139.jpg

このふたり、永久脱毛したいそうな。手や足に毛が生えているのが許せないそうです。今の時代こんなものなんでしょうかねえ。こんなことにまで気を使わなくてはいけないなんてお気の毒。そんなことに無頓着でいられたときに青春送れてよかったわ。
[PR]
by kish-paris | 2007-07-19 21:51 | レストラン・日本


徳のある人+大阪で創作和食・花回廊

きょう不思議なことがありました。銀座4丁目を歩いていたらすれ違ったサラリーマンに突然「すみません。人のために生きていらっしゃる方ですね」と話しかけられました。
「は~、別にぃ。。」とわたし。
無視するのも悪い気がしたので立ち止まって少しだけ彼の話を聞くことにしたのですが・・・

「あ~、別にぃ」とか、「そんなことないですけど~」とかテキトウに答えながら、実は内心穏やかではなかったのです。だってだれも知らないはずのこと「○X△X○△ではありませんか?」といくつも聞いてくるのですから。(冷汗) これ以上聞いていたらマインドコントロールされそうだったので、もっとこの人の話を聞きたいという気持ちを抑えて失礼させてもらいました。見かけは普通のサラリーマンだったけれどきっと宗教がらみの人だったんだろうなあ。

今年の4月渋谷で同じように中年の女性に人ゴミの中で突然呼びとめられました。
「お顔の中心に徳が見えます。人のために生きていらっしゃいますね。こんなにたくさんの人がいる中であなただけ目と目の間が光っていたのですよ」だって。この人もわたしの最近の状況を言い当てたのでびっくりしました。

そこで結論! わたしって徳があって存在自体が他人のためになっている、、らしい。(笑) 
みなさん、わたしを見る目変わった? それともヘンな人とかかわってるひま人だわってあきれた?

今日の写真は7月4日に大阪でおばのひろこちゃんにごちそうになった「創作すし・花回廊」の花回廊コース。最初に食前酒が出てきましたがアルコールはダメなのでパス。
c0101934_23215931.jpg

New Styleフレンチ鮨、と書いてある。カジキ鮪のマリネ、柚子ドレッシング。さざえと茗荷のサラダ仕立て、マンゴとミントのドレッシング。牛肉のポシェ、ジンジャーヴィネガーソース。
c0101934_23221010.jpg

オクラと青海苔の天むす。名古屋名物の天むすとは似てもにつかない、揚げた巻き寿司のようなものです。海苔の周りにアーモンドがついていて香ばしく、スープがかかっています。おいしい!
c0101934_23222226.jpg

空豆の冷製スープ蒸し。洋風茶碗蒸しのようなスープのような。
c0101934_23223669.jpg

季節で綴る想咲みやび重。壱の重:あさがお  弐の重:うなぎの白焼き箱鮨、蓮麩の手毬鮨、茶そばの巻鮨風、季節の小鉢
c0101934_23224823.jpg

メインディッシュ。これはフレンチでした。カレイのポアレ、プロヴァンスソース。
c0101934_2323133.jpg

c0101934_23231482.jpg

季節の椀物(梅紫蘇と旬菜のお吸い物)+最後はおかわり自由の江戸前にぎりと手巻きすし。好きなだけ何を食べてもいいって言われてもここまでいろいろなものが出てきたあとだとちょっとしか食べられないのです。
c0101934_23233189.jpg

そうでした、デザートもついていました。ほうじ茶のアイス。

假屋崎省吾氏がプロデュースしていることで有名なこのお店。最初に連れて行ってもらったときは大阪にしかなく、「東京にも作ってください」とたのんだかいがあったのか今は東京にも何店かあります。コストパフォーマンスのとてもよいお店だと思います。ちなみにこのコースで3500円。
[PR]
by kish-paris | 2007-07-18 23:24 | レストラン・日本


久しぶりのうちでの食事会

c0101934_2328467.jpg

日本に来る直前にうちで久しぶりに夕食会をしました。料理をするモードにはなっていなかったのですがこんなことでもしないと料理作りを忘れてしまうので思いきって実行。でもとても楽しめたのでホントやってよかったです。

この日の参加者は、わたしだけがみんなを知っていてそれぞれの人は初対面というけっこう無茶な組み合わせディナーでした。でもそんなことでひるむメンバーではなく、話は盛り上がり11時過ぎまでわいわいがやがや。またこのメンバーで会いたいねと再会を誓い合ったくらいのりのいい友人達だったのです。

オードブルは2種類のカナッペ。フォアグラ、ドライトマト入りタプナッド+きゅうり、スモークサーモンを混ぜたクリームチーズをしぼり出したもの。けっこうおいしかったかな。しぼり出し袋を使うとちょっとプロっぽくなります。
c0101934_23282042.jpg

アントレは夏野菜のゼリー寄せ。最初に細かく切った野菜をにんにく味のマリネにつけておいたので味はしっかりついています。カップに入っているのはポワローねぎのビシソワーズ。
c0101934_23283475.jpg

この日はレシピなしのわたしの気分で作った創作料理ばかり。メインはえび、ほたて、カキ、きのこ、ブロッコリーのトマトクリームソース添え。いつものことですがどうも盛り付けがきれいでないので見かけがねえ・・ 味はよかったのよ。
c0101934_23285050.jpg

デザートは3種。アップルクランブル、スフレチョコレートケーキ、マスカット杏仁豆腐。
c0101934_2329493.jpg


みんな「おいしい!」と言ってくれたので大満足。やっぱりほめられるとうれしいものです。きょうは自画自賛ブログになってしまったわ。ふふふ
[PR]
by kish-paris | 2007-07-17 23:30 | 食事


BOBOS by Queen Alice

c0101934_20174894.jpg

わたしは愛校心というものをあまり持っていないと思うのですが、なぜか東京でもパリでも中学高校の同窓生、同級生と楽しいお付き合いをさせてもらっています。きょうもふたりの同級生とフレンチシェフ石鍋裕のレストラン「BOBOS」by Queen Aliceでランチをしました。

12歳から18歳までいっしょに過ごした仲間はいくつになっても感覚は子供のまま。きょうのふたりも中1のとき同じクラスで出席番号も近かったこともあり最初から仲良しでした。とんでもないあだ名をつけて呼び合ったのもなつかしいことです。今では政治家の奥様をやっているアリコ、外交官夫人として世界中を渡り歩いているアダム。住んでいる国もそれぞれ違っているのにこうして東京で再会できることを幸せだなあと感じたひとときでした。

アダムのお嬢さんはイギリスのウィリアム王子と高校時代パーティーで出会ったことがあるのだとか。でも一見ハデそうに見える外交官の生活がけっこう違っていたりして興味深かったです。
c0101934_2018688.jpg

予約なしでは入れないこのレストランは野菜好きにはうれしいところかも。きょうも満席でした。女性同士のランチにはうってつけの手ごろなフレンチです。
c0101934_20182110.jpg

まずはグリンピースのスープ。
c0101934_20183662.jpg

ビン長マグロのわさびソースと地鶏のグリル、そしておいしい野菜の盛り合わせ。野菜自慢のレストランだけあって素材の良さがはっきりわかります。野菜苦手のわたしがびっくりするくらいおいしいと思えたので、次回は野菜鍋なるものを注文してみたいです。
c0101934_20185092.jpg

抹茶とミルクのソフトクリーム。
c0101934_2019215.jpg

ソフトプリンアラモード。
c0101934_20191243.jpg

ココナッツブランマンジェ。このブランマンジェって日本ではけっこう流行りましたがフランスでは知らない人のほうが多いと思います。ブランは白、マンジェは食べるという意味なんだけれど「それ何?」ってフランス人に聞かれたことが何回もあります。でもフランスのお菓子であることは確かなんだけれどね。
c0101934_20192581.jpg

レンズ豆のデザート。この豆をデザートで見たのは初めてです。ブダンという豚の血でできたわたしの大嫌いなソーセージといっしょによく出てきます。

元同級生と過ごして帰ってきたらスカイプでパリ同窓会メンバーのおちか姐さんから電話が。先日美亜に設定してもらったスカイプが初めて役に立ちました。今のところ美亜とおちか姐さんしかスカイプ仲間がいないので利用頻度はすごく低いけれどいまは通じるだけでうれしいのです。

やっぱりあの学校に行ってよかったなあと思った1日でした。
[PR]
by kish-paris | 2007-07-16 21:37 | レストラン・日本


東京のLa table de Joel Robuchon

c0101934_18305098.jpg

今日は7月14日。quatorze juillet。パリ祭だそうですね。東京にいるので今ひとつ実感がありません。フランス革命記念日なんだからフランス人には思いの深い日なのでしょう。東京に住んでいたときにはフランス大使館で催されるパーティーによく行きました。今日は一日雨なので(台風が来ているらしい)パーティーやっているとしても盛り上がりに欠けているんじゃないかな。

きょうで日本に来て約2週間。パリにいたときから数えると3週間以上ブログからはなれていたのでデジカメには写真がどんどんたまってしまいました。少しずつアップして記録を残さないと。

きのうはソレイユさんと恵比寿にあるLa Table de Joel Robuchonのランチに行ってきました。ソレイユさんは先日ご家族と彼女のバースデーのお祝いに夜行ったそうです。わたしはパリのお店も行ったことがないのでロビュションデビューです。
1階の店内は紫を基調にした落ち着いた雰囲気でシック。有名なデザイナーのインテリアだそうです。
c0101934_20415320.jpg

お昼のメニューはとてもお手ごろな値段。ユーロに換算するとパリではカフェで簡単なランチもできないくらいです。でもさすがロビュション、お昼のメニューでも一切手抜きはなくかなり感激しました。
c0101934_18315055.jpg

アミューズとパン。同じ恵比寿ガーデンプレイスにはロビュションのケーキ、パンを売っているお店もあります。だからパンも自家製。オリーブオイルも出てきたのでバターのかわりにつけてみたらなかなかいけました。
c0101934_1832680.jpg

ソレイユさんの選んだアントレ。ジャガイモの上にイベリコハム、トマトのコンフィ、薄く切ったパルメザンチーズ、ルッコラがのっていてタプナード(つぶしたオリーブにアンチョビ、オリーブ油などを混ぜた南仏のディップというかソース)が添えられています。このコンビネーションがなんともいえなくいい味なのです。(味見させてもらいました)
c0101934_18322275.jpg

わたしの選んだサーモンマリネ。普通は薄く切ったサーモンが出てくるのにこれは塊です。厚みはあるのに中まできちんと味が行きわたっていてどんなマリネ液につけてあるのか知りたい思いました。上にはケッパーとトマト、ルッコラがこちらもちょうどいい具合に味付けされて乗っています。
c0101934_18324167.jpg

ハーブポークのロティ、ポテトピューレ添え。とてもおいしかったそうです。こういうレストランで出てくるチキンやポークは普通のお肉と同じ動物なのでしょうか。いくら調理法に工夫があったとしても不思議です。ポテトピューレも同じ。ただのじゃがいも料理じゃないのよね。たしかロビュションのレシピはジャガイモと同量のバターを使うのではなかったかしら。とても自分で作る勇気はありません。でも一度やってみたい。。
c0101934_1833798.jpg

わたしはフォアグラのポワレを注文。きのう夢の中でフォアグラを食べたのでわたしって予知能力があるのかな。生のフォアグラをソテーしたものがパルメザンたっぷりのリゾットの上に乗っています。
c0101934_18332181.jpg

最後はふたりともスリーズ(チェリー)のデザートを取りました。アーモンド味のメレンゲの上にバニラカスタード、チェリー味の透明ゼリーをつぶしたもの、、チェリーのコンポート、チェリーのアイスクリームが盛られている本当にさくらんぼづくしのデザート。上に刺してある薄いおせんべいのような飴もちゃんとチェリーの味がしていて「どこまでも手を抜かないぞ!」という意気込みが感じられました。

フランスの星付きではやっていないことなのですが、ここはデザートをたのむとコーヒーか紅茶が無料でついてくるようになっているみたいです。これもかなりお得感が。けっこうするんですよ、この最後の飲み物が。どこも8ユーロだったから今のレートで行くと1350円くらいかしら。東京のロビュションはアイスでもホットでもOK。
c0101934_18333929.jpg

入り口も素敵だったので記念に写真を。
c0101934_1833554.jpg

恵比寿はガーデンプレイスができてホントおしゃれな街になりました。昔はビアガーデンだったとは想像できないくらいです。
c0101934_1834121.jpg

帰りは恵比寿の住宅街を散歩しながらつきないおしゃべりを楽しみました。
[PR]
by kish-paris | 2007-07-14 18:35 | レストラン・日本

    

3回目のフランス生活も10年。日々の生活、子育て、何でもありということで少しずつ書かせていただきます
by K
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
メール、お問い合わせなどはこちらから...

カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
素敵なゲスト
from 食卓から愛をこめて
Joel Robucho..
from 食卓から愛をこめて
  ジョエル・ロブション..
from 代官山だより♪
SPRING CONCE..
from 星をかぞえながら・・・
皆様に感謝!Mia & ..
from 食卓から愛をこめて
マカロンとパウンドケーキ..
from 食卓から愛をこめて
お正月のお客様
from 食卓から愛をこめて
お料理教室
from LA MAISON DE M..
Orange Pound..
from 食卓から愛を込めて
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧